小松航空祭とは石川県の航空自衛隊小松基地で開催される

航空イベントです。

地元に人に言わせると、以前と比較すると迫力が無くなってきた

とも言われますが、見たことのないかたにしてみると大迫力と感動です。

感極まって泣いているかたもいるくらいですよ。

「飛行機がちょっと変わった飛び方をしているだけでなんで感動するの?」

そのように思ったら是非とも見てみましょう!

2015年は既に開催日が決まっています。

 

2015年9月21日(祝)

 

ブルーインパルスが飛べるといいですよね!

スポンサーリンク

 

小松航空祭はどれくらい混雑するの?

小松航空祭は言うまでもなく混みます。

 

道路も 8時には小松ICから駐車場までは大渋滞 になります。

午前6時くらいから小松ICからどんんどん小松南部工業団地の

パーキングに入っていき、その中にはシャトルバスも行列になっています。

 

また食料や飲み物に関しては、自衛隊内でも販売されていますが、

とても混雑していますので、 コンビニで買っておくこと をオススメします。

もちろん、駐車場近くのコンビニは混みますので現地に到着する前に

コンビニに寄って買っておきましょう。

 

また、行きだけではなく帰りのことも考えましょう。

最後まで小松航空祭を見てから小松ICに向かうと大渋滞になります。

遠回りになってでも片山津ICのほうが空いていますよ。

 

小松航空祭の駐車場はどこがおすすめ?

航空自衛隊基地周辺では航空祭のために鉄鋼団地、

スポンサーリンク

陸上運動公園などに駐車場が用意されています。

 

ただし、早々に満車になりますので 到着時間が遅くなるなら金沢市街 など

離れたところに車を止めて電車で小松駅まで行った方が時間が読めます。

 午前7時30分くらいには混雑 が始まります。

午前8時には入場出来るようにしておくことをオススメします。

 

小松駅からはタクシーかシャトルバスを利用すれば問題ありません。

因みに、小松駅周辺の駐車場は1時間100円など安い駐車場がありますので

早めに到着できるならわざわざ金沢の駐車場に停めて電車移動するよりは

安上がりになります。

 

空港駐車場を利用するかたも実際は多くいますが、

もろもろ問題になっているので出来れば控えましょう。

空港デッキから見ることもできますが混雑しています。

決して広くはありませんし、金網もあるので見る場所としてはオススメできません。

基地側で見る方が良いですよ。

 

小松航空祭でブルーインパルスは飛ぶ?

ブルーインパルスは天候が曇ってしまうと飛行できないこともあります。

これは「視界」がどれだけ開けているか、というところで

雲の底の高度(900メートル)、視程(5㎞以上)で決められるので

仮に雨天だったとしても基準を超えていれば飛ぶことは可能です。

 

まとめ

航空祭は他の地域でも開かれますが、住んでいる場所によって

行けたり行けなかったりですよね。

北陸新幹線も開通したので、2015年からは小松航空祭を観にくるかたも

増えるかもしれません。

まだまだ9月は暑いので暑さ対策も忘れずに!

スポンサーリンク