「お彼岸」というのは日本だけの行事なんですね。

お盆やお彼岸は何がどう違うのでしょうか?

お盆は先祖のために供養をする行事です。

お彼岸は先祖へ感謝をする行事です。

とても簡単に言うと、このような違いがあります。

もっと知りたい、という場合は検索すると出てきますので

そちらを見てくださいね!

スポンサーリンク

お彼岸はいつ?

彼岸は年に春と秋の二回あります。

 

春彼岸 : 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日合計7日間

秋彼岸 : 毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日合計7日間

 

2015年の秋彼岸は

 9月20日:彼岸入り→23日:彼岸の中日(祝日)→26日:彼岸明け 

となります。

 

お彼岸のお供えは何を?

お供えは各地やご家庭の習慣によって異なってきます。

 

お坊さんや親戚が仏壇を拝みに来る場合は、お供えをお配りするという

スポンサーリンク

風習のところもあるのでそのような場合は分けやすい お菓子 なんかが

良いでしょう。

 

また、お菓子などではなくて 現金で渡す という地域もあります。

ほかにもお花が好まれたり、果物が良いというところもありバラバラですね。

 

お彼岸の花はどんなのがいい??

基本は白と黄色の菊です。

ほかの花としてはアイリス、カーネーション、スイトピー、ガーベラなんかを

使います。お祝いごとではないので色は白や青系を多くします。

このあたりはお花屋さんにお任せするとうまく束ねてくれます。

 

ちなみに お墓参りはお彼岸の4日目が「お中日」で秋分の日(春分の日) 

あたるこの日に行くことが多いです。

お休みだから、というのもあるのでしょう。

 

まとめ

お彼岸といえば「おはぎ」(ぼたもと)ですね。

時期になるとスーパーなんかでも販売されますが、手作りのほうが

やっぱり美味しいですね。

スポンサーリンク