2015年の琵琶湖花火大会は

 

8月7日(金)

19時30分〜20時30分

 

の予定で実施されます。

どうしても天候が荒れてしまった場合は8月10日に延期予定です。

毎年約35万人の観客が集まる大きな花火大会です。

場所は大津港沖で打ち上げられます。

水面から打ち上がる花火はとても綺麗です。

スポンサーリンク

 

琵琶湖花火大会の見える場所は?

琵琶湖花火大会は近くで見るスポット、

少し離れて遠目から見すスポットと様々あります。

まずは

 

○大津駅周辺

大津駅は高台にあって、少し距離はありますが実は見やすいスポットです。

駅から会場へ向かう道中でも見ることができますが

ナイアガラなどは一部見えなくなってしまいます。

それでも終わった直後に帰れば混雑のピークに巻き込まれずに

会場を離れることができます。

 

○瀬田駅周辺

瀬田駅は琵琶湖の対岸です。

迫力には欠けますが良く見えるスポットです。

 

○琵琶湖競艇場

こちらは解放していれば室内なので空調も効いていますし、

トイレもあるので快適に見ることができるスポットです。

ただし、ガラスを隔てているので音の迫力はありません。

これは何を優先するか、ですね。

 

また、穴場としてはやはり離れてしまいます。

 

○皇子山陸上競技場

混雑も少なくてゆっくり見ることができます。

ただし、離れているのでスターマインなどはあまり見れません。

 

○京阪浜大津の歩道橋

スポンサーリンク

花火からの距離も近くて良く見えます。

カエルも京阪浜大津から石山駅(JR)に行くことで

混雑する前の駅から乗ることができます。

 

ほかにも比叡山から見たり、大津駅周辺のビル最上階レストランから

見たるすることもできます。

 

琵琶湖花火大会の見えるホテルは?

琵琶湖花火大会をホテルなどの宿泊施設からゆっくり見たい、

というかたも多いはずです。

しかし、毎年予約が早めに入ってしまうので3ヶ月以上前におさえて

おかないと花火に合わせて予約をとることが難しくもあります。

おすすめなのは

 

○琵琶湖ホテル

ホテルの大浴場からお風呂に入りながら見ることができます。

 

○大津プリンスホテル

 

○ロイヤルホークホテル

言うまでもなく「琵琶湖側」の部屋をとりましょう

 

○プリンスホテル(北側の部屋)

 

旅館では

 

○びわこの千松

や、おごと温泉地域の旅館からも見ることができます。

 

琵琶湖花火大会の有料観覧席はいくら?

琵琶湖花火大会はもちろん有料席もあります。

7月1日より販売開始となります。

1つの席で 前売りで3,900円、当日券で4,400円 です。

迫力ある花火を落ち着いて見るなら有料席ですね。

場所取りも必要ありませんし、お金で買えるのは席だけではありません。

時間や花火を買うようなものなので

総合的にはお得になるはずですよ。

 

まとめ

花火大会は混雑するのが当たりまえです。

混雑を避けて遠くで見るか、混雑や帰宅時間が遅くなるのは

仕方ないとして近くで見るか、ですね。

暑い時期なので体調には気をつけましょう。

スポンサーリンク