夏の自由研究となると早々に取り組むかたばかりではなく

夏休みも終盤になってからギリギリに取り組むかたも多くいます。

とは言っても頑張るのは親御さんだったりしますよね(笑)

 

私も小学生の頃はほぼ親が調べてくれたネタで自由研究をしていました。

今も昔も自由研究は子供の宿題でありながら親の宿題になっていますね。

そんな自由研究のネタについて、余裕をもって取り組む、または

1日しか時間がない、3日しかない、などそれぞれです。

そこで研究期間に応じたネタを提供します。

 

スポンサーリンク

 

自由研究は1日でもできる?

研究のネタによては1日でもできます。

難しく考える必要はありません。

例えば、 「凍らせる」 

水を凍らせることは1日でできますよね。

凍らせるのは水だけじゃなくてもいいわけです。

海が近ければ海水、なければ塩水、さらにお風呂場にあるシャンプー、リンス

などなどいくらでも「液体」はあります。

それを集めて冷凍庫に入れてどれくらいで凍るのか?

どれが一番早く凍るのか?などいくらでも研究材料はあります。

 

ほかにも 10円玉をピカピカにする方法、ろうそくをつくる方法 なども

ありますし、貴金属をもっているお母さんなら

シルバーや金、プラチナによって水中での 落下速度 が違うので

それを材料にしてもいいでしょう。

考えれば身じかにあるもので十分研究材料があります。

 

自由研究は3日でできる

1日より3日のほうが余裕があって研究の幅も広がりますね。

ちょっとおもしろいネタで 「豆腐をつくる」 というのがもあります。

大豆からつくっても2日でできます。

豆乳からならすぐにできます。

これは研究した後も美味しくいただくことができるので一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

もちろん、豆腐になる過程を図解入りで説明します。

身近にありながら、お味噌汁や麻婆豆腐、冷奴として

食べることが多い豆腐の作りかたは意外と知られていません。

興味をもって聞いてくれることでしょう。

 

食べ物系は料理が得意なお母さんなら。お母さんが知っていて

当たり前のことでも意外と知らないことは多くあるものですよ。

 

自由研究で1週間ある場合はどうする?

1週間やそれ以上時間があるなら、それなりに濃い研究ができます。

ここまで期間があれば自由研究キットを購入しても良いかもしれませんね。

 

おもしろい研究としてはアルバイトにもなっている

 「道路交通量調査」 なんかも時間はかかりますが

毎日時間を変えてやってもおもしろいですね。

 

または景気で車の色が左右されると言われていますが

交通量調査をしつつ車の色をチェックしてまとめるのも

単純ですね。

 

自由研究キットとしてあるのは 「アリの巣観察キット」 とか。

ちょっと残酷ですがアリ地獄を組み合わせても違う研究が

できるかもしれませんね。

 

食品系なら 「きのこの栽培」 キットもあります。

このようにキットを使う方法と、身近にあるものを観察して

それをまとめる、という方法と様々あります。

朝になるとうるさくなるカラスなんかも研究となれば

そのカラスの鳴き声やゴミあさりでさえ違う視点で見ることが

できるかもですね。

 

まとめ

このように自由研究はたった1日だけでも間に合います。

もちろん、余裕があったほうがまとめる時間もとれるので

良い研究報告もできるでしょう。

気をつけなければならないのはお母さんやお父さんの研究に

なってしまうと出来上がりすぎてしまうので

あくまで子供主体にまとめましょうね。

スポンサーリンク