残暑見舞いを始め、暑中見舞いや寒中見舞い、もちろん年賀状

などはいつのタイミングで出すべきか?

そして、いただいたときの返信のタイミングはいつなのか?

など知っているようで知らない、そして今さら聞けないマナーが

数多くあります。

そこで、微妙な時期とも言える「残暑見舞い」におけるタイミング

やマナーなどを取り上げてみました。

スポンサーリンク

残暑見舞いはいつまでに出せば?

一般的に 残暑見舞いを出す時期は立秋から8月いっぱい までと

言われています。

残暑見舞いというのは

 

「暦の上では秋になりましたが、まだ暑さが残っています。

厳しい暑さの中で体調を崩したりしていませんか?」

 

と相手の安否を気遣うことで、先に書いた時期はあくまで一般的な時期です。

 

ちなみに、

暑中見舞いは梅雨開けから立秋まで、

寒中見舞いは1月8日〜2月3日と言われています。

 

また、 「喪中」のかたに対しては出しても問題ありません 

これはお正月のように「祝い事」ではなく、「気遣い」なので失礼には

あたりませんね。

そもそも相手の安否の「気遣い」なので出す期限はあってないようなものです。

昔の気候と今の気候も悪い意味で違ってきてますから、

いつまで経っても暑い、寒いという気温になってきましたからね。

 

残暑見舞いのお返しは必要?

 暑中見舞いと残暑見舞いは両方 だすのではなく、同じ人に対しては

 どちらか1つ で問題ありません。

お返事にしても、もし暑中お見舞いを頂いたとしたらお礼として残暑見舞いを

スポンサーリンク

出す、というのが自然です。

 

また、返事を出すタイミングが9月や10月になったとしても

非常識とはなりません。

最近は暑さも長くなってきていますからね。

それでも10月あたりになるなら親しいかたには問題ないですが

そうではない場合で事情があった場合は残暑見舞いを漂わせつつ

「お礼」といった表現が中心となる文面が良いですね。

 

 

残暑見舞いの返事やマナーは?

 

残暑見舞いのタイミングで気になるは法事ごとがあった時ですね。

ここに一礼をあげます。

 

ちょうど8月に四十九日の法要が終わった場合にどうすべきか?

 

この場合、ご不幸事とお中元、お歳暮等の贈答は別として考えられるので

残暑お見舞いに言葉を添えて出すことは全く問題ありません。

これは先にも書いたようにあくまで季節の移り変わりとともに

安否を気遣うものである、という立場からです。

 

次に、残暑見舞いや暑中見舞は「はがき」というのが一般的ではありますが

封書にして便箋に書くのも問題ありません。

便箋に書くのなら、一番最初の1行目に「残暑お見舞い申し上げます」と書き、

相手の名前は本文が全部終わった後にそれぞれ行を変えて

日付、自分の名、そのあと(上の方に)「○○様(さん)」と書いて終わりです。

つまり宛名は便箋の最後に書きます。

 

まとめ

残暑見舞いや暑中見舞いはあくまで気遣いなので

送る相手の環境や住んでいるところの合わせて出すほうが

心がこもっていて良いと思いますよ。

北海道と沖縄でも気候は大きく違うわけですからね。

気持ちが伝わればいいわけです。

スポンサーリンク