夏と言えば枝豆ですね。

枝豆は冷凍食品もあるの居酒屋に行っても年中食べることが出来ますが

やっぱり冷凍よりも新鮮な枝豆をゆでた方がおいしいですよね。

 

枝豆の栄養は?

枝豆って栄養価が高いって知っていましたか?

枝豆はそもそも大豆なのでタンパク質を始めとして

 ビタミン、植物繊維、鉄分 などが多く含まれています。

枝豆のタンパク質にある 「メチオニン」 においては

アルコールの分解を促進して肝機能の働きを助けてくれます。

だからお酒のおつまみになっているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

また枝豆は夏バテにも効果的です。

枝豆はビタミンB1とB2が豊富にあります。

その為、糖質、脂質などを分解してエネルギーに変えてくれます。

また、利尿作用を促進するカリウムも多く含まれていて

体内の水分量を調整したりしてくれます。

このようなことからも夏バテの原因の栄養不足の解消と疲労回復

効果的ともいえます。

 

枝豆でダイエットはできる?

枝豆のカロリーは100グラムでおおよそ135キロカロリーです。

因みにポテトチップスは100グラムでおおよそ550キロカロリーです。

 

もしおやつにポテチを食べていたなら枝豆に変えただけで

ダイエット効果が期待できます。

また、先ほどお伝えしたように栄養価も高いので健康的なダイエットです。

もちろん、どんな食品でも食べ過ぎはよくありません。

スポンサーリンク

枝豆は食べだすと止まらなくなるので気を付けましょう。

ダイエットにと思ってたくさん食べるとタンパク質を

たくさん吸収することになるので太ってしまいます。

 

また、プリン体を気にするかたもいますが枝豆のプリン体

痛風財団によると「きわめて少ない」なっているので安心して食べてください。

 

枝豆と茶豆の大きな違いとは?

「黒崎茶豆」をご存知ですか?

新潟市西区黒崎という地名から由来するもので黒崎地区で栽培された茶豆です。

豆も大きく甘く、とても美味しい豆です。

新潟の地元の居酒屋ではほとんど茶豆が提供されています。

茶豆は見た目が茶色いわけではなく普通の枝豆と同じですが

ゆでるとその香りに違いがあります。

 

なぜ茶豆というかと言うと豆の外側を薄い茶色い皮が覆っているので

「茶豆」と呼ばれています。

茶豆は枝豆と同じで他の豆類と比較してもアミノ酸や糖分が多く含まれているので

栄養価値が高いです。

時期的には枝豆よりも少し遅れてという感じです。

是非、食してみてくださいね。

 

まとめ

枝豆は栄養価の高い健康的な食品です。

夏になると枝豆が楽しみの1つになりますよね。

個人的には取れたてを塩茹でで、がおすすめです。

茶豆はお取り寄せもできるのでご家族で食べるもいいですし

贈り物としても喜ばれます。

 

スポンサーリンク