あんずはもともと中国が原産で、耐寒性があるので

涼しい地域で栽培されます。

日本では「あんずの里」の長野が有名ですね。

あんずは塾すると甘味が出ます。

収穫されるのは6月下旬から7月中旬くらいの約10日間で収穫が終わります。

あんずの果実は生食やジャムやドライフルーツにして利用されます。

ちなみに「種子」は杏仁豆腐の独特の味を出すためにも使われます。

スポンサーリンク

あんずの栄養は?

あんずは緑黄色野菜に含まれているβ-カロテンが豊富にあります。

また、抗酸化作用をもっているので体内の酸化を防ぎ

悪玉コレステロールの低下も期待できます。

この栄養素はドライフルーツにするとより一層濃縮されます。

また、あんずには体を温め、冷え症を改善する効果もあると言われており、

それには栄養が凝縮された干したアンズを毎日食べると良いとも

言われています。

 

あんずのおすすめレシピは?

 

○アンズの保存食

アンズはフルーツの中では決して安くありません。

しかし栄養素もあるので保存食にできたら・・・と考えるかたには

こんなレシピを発見しました。

 

あんずジャム

http://cookpad.com/recipe/2725663

13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://cookpad.com/recipe/2707496

スポンサーリンク

14

 

長期保存OK!あんずのコンポート

http://cookpad.com/recipe/477364

15

 

 

長野にある「あんずの里」直送で「杏ぼし」もあります。

http://www.anzunosato.com/anzuen/anzuboshi.html

 

15

 

あんずの食べ方は?

あんずを選ぶときは必ず手に取りましょう。

実が締まっているものは皮にはりがあるものを選びましょう。

実が柔らかくなっているものは避けた方が良いです。

また、色も濃い橙色になっているもので、表面に傷がないものを選びます。

また、あんずは日持ちしないのでなるべく早く食べるか加工しましょう。

保存する際は袋に入れて冷蔵庫に入れておきましょう。

 

まとめ

あんずは決して安くはありませんが栄養素も詰まっているので

美味しいものをそのまま頂いたり、加工して長期保存したりと

レシピを工夫してみるといいですね。

あんずは初夏に収穫されますが、冷え症対策など冬場に良い影響をもたらします。

出来れば毎日一口ずつ食べれるくらい保存しておきたいものです。

 

スポンサーリンク