日本の夏は多くの方が高温多湿で不快な思いをしつつ

湿気対策に躍起になる時期です。

エアコンで「除湿」にすれば快適に過ごせますが

掃除、洗濯、そして健康、光熱費を考えると湿度が高い季節に

エアコンを1日中つけっぱなしはなかなかできません。

 

スポンサーリンク

湿気対策グッズのおすすめは?

1戸建てもアパートもマンションも全館除湿というのはなかなかできません。

押入れや収納、バスルーム、玄関などなどどうしても行きわたらない、

行きわたれない場所があります。

そこで、場所によっては便利な小物(?)などを使うことで対処できますよ。

先ず、

 

「新聞紙」

 

新聞紙は湿気を吸い取ってくれます。

湿気が多い所の新聞紙を触ると少し湿っていることってありませんか?

あれは湿気を吸い取っているわけです。

使いどころとしては、押入れがあれば押入れにひいたり下駄箱にひいたりします。

また、くつの中が濡れてしまったら新聞紙をぐちゃぐちゃにして

入れておいてもいいですね。

 

「木炭」

 

072114

スポンサーリンク

木炭は置いておくだけで湿気とりになります。

もちろん一気に除湿されるということはありませんが

部分部分の除湿効果はあります。

梅雨の時期が終わったら天日干しして繰り返し使うことが出来ます。

 

湿気対策の換気はどうしている?

 

換気しましょう。

いう間でもありませんが、窓を開けての換気は必ず風が通るように窓を開けます。

1つしか窓を開けないと風も入ってきません。

抜けるところもないので、ほこりを立てるだけで意味がありません。

玄関を空けて、窓も開けて風を通すことも出来ます。

長時間空けておく必要はないので不用心にもなりません。

 

湿気対策で押し入れはどうしている?

 

収納や押入れの扉を開けて換気をするのはもちろんですが

収納自体も気をつけましょう。

プラスチックの収納BOXを使うかたも多いと思いますが

詰め込みすぎたりすると通気性が悪くなるので少し余裕があるくらいにしておきます。

また、湿気は下にこもるので湿気に弱いカシミヤやシルクなどの

高級素材はなるべく上段にもってきましょう。

 

まとめ

梅雨や湿気からは逃れることが出来ません。

不快指数は人間だけではなく、住まいや洋服も同じだけ不快になりいます。

特に住まいに関しては湿気を放置するとカビが発生しますし衣類に関しても同様です。

少し手間はかかりますが湿気対策は力を入れましょう!

 

スポンサーリンク