ゴールドのアクセサリーは上品に身につけている女性は

とてもお洒落な感じがします。

指輪、ネックレス、ピアス・・・、そして値段もピンキリですね。

この値段というのは加工の技術もさることながら

金の「純度」によって決まります。

純度とは、一番耳にしたことがあるのは「18金」ではないでしょうか。

この「18金」の「18」が純度表示になり「18K」と表示されます。

アクセサリーであるか、は別として純度は24K、22K、18K、14K、10Kと

あります。

それではこの金の純度について解説していきます。

スポンサーリンク

ゴールドの純度とは?

上記のように、ゴールドの純度は 24K、22K、18K、14K、10K とあります。

この純度について解説していきます。

 

○24Kとは?

所謂「純金」と言われているものです。99.99%の純度で混ぜ物が入っていません。

金の延べ棒やコインに使われます。

 

○22Kとは?

22Kは純度91.7%で、それ以外の配分は混合物が入っています。

それでも24Kと遜色ないくらいの輝きではあります。

 

○18Kとは?

一番耳にする18Kは純度が75%の金です。

残りの25%の部分に他の要素を混合することによってイエローゴールド、

ピンクゴールド、ホワイトゴールドといったものを作り上げることが

出来ています。他には銀や銅を混ぜるケースが多いですね。

 

○14Kとは?

純度は58.5%です。純度が高くないので、その分輝きも弱いです。

また、変色もしやすくなります。

 

○10Kとは?

純度42%です。

純度が低いので、錆びやすかったり輝きが弱かったりしますが安いです。

以上がゴールドの純度の説明です。

次にアクセサリーなどにはどの純度が良いのか、などを考察します。

 

ゴールドの純度とアクセサリーの相性は?

先ず、24Kはほぼ純金なので、半永久的に金の輝きがあります。

スポンサーリンク

しかし純金であるが故にやわらかいため、アクセサリーに加工されることは

ほとどありません。(加工しにくい)

全くないわけではありませんがデザインは限られています。

どちらかというと資産保有として利用されます。

 

アクセサリーとなると18Kが主流です。

22Kも最近はジュエリーで使われるようにはなってきていますが

18k、14K、10Kが価格的にも主流ですね。

特に18kは上記に記載したようにゴールドに配合加工して

女性に人気の色のアクセサリーが増えてきています。

そして、14K、10Kになってくるとお値段もお手頃になってきます。

ただ、金の純度が低くなってくるので金属アレルギーのあるかたは

注意が必要です。

それを除けば非常に加工もしやすく、ピアスなどの細かいアクセサリー

なども創られていますが長く持つというより、一時的なお洒落に、

というところでしょうか。

どうしても色落ちや錆びが出てしまうので、よほど手入れをきちんと

しないと長く持つのは難しいでしょう。

 

ゴールドの純度とゴールド以外の色は?

18kの純度ではピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールド

などの色を作り出すことが出来ます。

 

○ピンクゴールド

18K+銀10%+銅5%+パラジウム5%+亜鉛少々

 

○イエローゴールド

18K+銀15%+銅10%

 

○ホワイトゴールド

18K+銀15%+パラジウム10%

 

一例ではありますがこのように配合されています。

ゴールドから少し色が変わってお洒落なゴールドを楽しむことが出来ますが

メッキはがれなどは覚悟しておきましょう。

それを除けば、最近ではiPhoneケースなんかにも使われています。

 

まとめ

ゴールドのアクセサリーを買う、またはプレゼントするなら

最低でも18Kのものを選択しましょう。

長く使うことができます。

また、特別なかたになら22Kでもアクセサリーは出てきていますので

少し高くはなりますが検討材料にしても良いと思いますよ。

スポンサーリンク