子供の頃から当たり前のように出している、もらっている年賀状。

年を重ねていくのと比例して、そろそろ来年の年賀状の準備をしようかと

思い始めた頃に「喪中」の葉書がちらほら届くようになりますね。

「喪中の葉書が届いたら年賀状は出してはいけませんよ」

といつだったか教えられますよね。

葉書を受け取る側としては年賀状を出してはいけないのだ、

と深く考えずに思い込み、それが当たり前になっていきます。

しかし、いざ喪中のはがきを送らなければならない側に

なった際にどのように対処すればよいか困りますよね。

そこで、喪中のはがきを送る際に気をつけるべき点などを

お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

喪中のはがきはいつ出すのが良いの?

喪中はがきは年賀状の準備を始める前に出したほうが良いですね。

時期的には11月上旬~中旬にかけてでしょう。

因みに、毎年年賀状の受付開始は12月半ば(15日くらい)です。

どんなに遅くても12月15日前に年賀欠礼の葉書は送ることが

常識となっています。

 

2016年の年賀状販売開始は2015年10月29日~

で年賀状の引き受け開始は2015年12月15日になります。

年賀状準備を開始する前と考えると11月上旬に届くのがやはり

親切と言えるでしょう。

 

また、特にお世話になったかたにははがきではなく、

手紙にて感謝をお伝えするほうが礼を尽くすことになりますよ。

 

そして、万が一不幸が重なったとしても喪中はがきは1回で良いです。

喪中はがきの位置づけは「年賀状を出せません」という通知であり

訃報を通知するものではありません。

 

ところで、 郵便局には「喪中はがき」は売っていません 

通常葉書で料金の絵柄が胡蝶蘭になっているものがありますので

そちらを使いましょう。

 

pic_normal_01

 

また、自分でオリジナルの葉書を作成した際にも

切手には慶弔用がありますので問題ありません。

スポンサーリンク

Šî–{ CMYK

喪中はがきを出したが年賀状が来たら返事はどうする?

喪中はがきを遅く出してしまった場合に、年賀状が届いてしまうこともあります。

まさに上記で記載したようなタイミングですね。

 

そもそも喪中はがきというのは年始の挨拶代わりではありません。

 

「本来であれば年始のご挨拶を申しあげるべきではありますが、

喪中のためご遠慮させていただきます」

 

と言った趣旨です。これを 事前にお知らせする「案内」 です。

よって、自分は年賀状出せないというだけであって

受け取るのは問題ないわけですね。

 

受け取った場合には1月7日を過ぎてから新年のご挨拶代わりとして

 寒中お見舞い を出すという流れが良いでしょう。

または、 何もしなくても良い です。

なぜなら事前に「新年の挨拶は控えております」と喪中はがきで

伝えているわけですからね。

 

喪中はがきの文例は?

喪中はがきの文例を使うのも良いですが、何の感情もない印刷文面だけよりは

一言でも思いをのせて届けるのも良いかもしれません。

年賀状でも一筆入っているだけでそこに人の温度を感じますよね。

それと同じです。

 

ただ、喪中の場合は近況報告は入れないようにしましょう。

こちらのサイトには葉書素材から文面まで入っていますので、

そのまま使っても良い内容です。

http://www.taka.co.jp/sozai/download/index.html?cid=4&tid=21

 

まとめ

喪中はがきを出す機会は出来るだけ少ないほうがいいですよね。

ただ、こればかりは時が経てば誰しも直面するものです。

事前に知識だけはもっておいて損はありません。

スポンサーリンク