お正月と言えば、おせち、その前に年越しそば、

さらにお雑煮を中心とした「お餅」、そして普段なかなか

揃わない家族や親戚が揃って楽しくお酒を交わす。

そんな楽しい時間だからいつもより食べ過ぎて飲み過ぎてしまう

ものですね。

ここに書いただけで、お正月太りする原因がたくさんあります。

そこで、こちらではお正月太りの原因からその解消法まで

お伝えしていきます。

スポンサーリンク

正月太りの原因は?

正月太りの原因は先ず「食」です。

おせち料理とお酒を一緒に食べて飲みます。

おせちの中には黒豆や伊達巻き、栗きんとんなど、砂糖を多く使った料理が

並べられています。

そこにビールや日本酒といったアルコールが交わるからなおさらです。

参考までによく飲まれるお酒のカロリーですが、

 

・ビール 100㎖ 約40kcla

・日本酒 100㎖ 約105Kcla

・ウィスキー 100㎖ 約240Kcla

・焼酎 100㎖ 約140kcla

 

特にメタボリックが気になる年頃の30代ともなってくると

日本酒や焼酎が好きなかたも多いと思います。

このカロリーに加えてカロリー高い料理を食べれば結果は言うまでもありません。

また、お正月に食べる「お餅」は 切り餅1個あたりのカロリー 

約127Kclaです。

 

普段食べないお餅なので、お雑煮に入れたり、お汁粉にしたり

きなこをつけたりなどなど、様々なレパートリーで食べると

思いますが、かなりカロリーは高めです。

加えて甘いものの中に入れて食べたらこちらも言うまでもありません。

このように、冷静に食を分析してみると太る原因ばかりなんですね。

さらに、「寝正月」ということで食べて、テレビを見て、など

ゴロゴロしていればカロリーも消費されません。

これがお正月太りの原因です。

 

正月太りを解消するダイエットは?

正月に太ってしまったのは仕方ありません。

ある意味予測できた体重増加ですね。

しかし、体重を減らすのは増やすよりもかなり大変です。

とは言ってもお正月が終わり、仕事に行くなどで規則正しい生活に

戻ると自然と体重は少し落ちてきます。

通勤、帰宅などで歩いたりと体を動かすだけでもゴロゴロと違って

カロリー消費します。

 

また、朝、昼、夜と通常の食事スタイルに戻りますよね。

お餅やカロリー高いおせちを食べることもありません。

スポンサーリンク

もちろん、規則正しい生活に戻っても同じ生活していたら

太った体重が維持されたままになります。

そのためには食事もお正月前より気をつけるべきですし、

運動もしましょう。

 

運動といっても通勤時、帰宅時になるべく歩きます。

自転車を使っているなら歩く、電車を使っているなら一駅歩くなど。

今はiPhoneを初めとしたスマートフォンに万歩計機能がありますので

 1日10,000歩 を目標に歩きましょう。

お正月太り解消には食事と運動のバランスが必要です。

 

正月太りのダイエットで食事はどうする?

お正月に太ってしまった原因は食事と運動不足であることが分かったと

思います。

そこで、さらに太らずにせめて元の体重に戻すためにも

食事には気を遣う必要があります。

 

先ず、炭水化物は極力控えましょう。

 特にラーメン ですね。

お正月が開けたら今度は会社の人との新年会が待っているかたも

いるでしょう。

 

新年会は仕方ありませんが、締めのラーメンはやめましょう。

新年会がなくてもラーメンはしばらく我慢しましょう。

朝食は無理に食べる必要はありません。

昼食は食べて、夜は軽めのものにします。

場合によっては夜はスムージーと置き換えても良いかもしれません。

また、白米も減らします。

 

定食屋などでごはん茶碗1杯に盛られている白米は

3分の2程度に減らしてもらいます。(出来れば半分)

数日は腹八分目、七分目がきつく感じるかもしれませんが、

すぐに慣れます。胃が慣れてくれます。

お正月明けが一番きついですが、がんばりましょう。

お正月に食べ過ぎ、飲み過ぎて胃袋が食べ物やたくさん吸収することに

慣れてしまっているので食べる量を普通に戻しただけでも

物足りなさを感じますが、減らした量に慣らせば良いだけです。

また、1日10,000歩が達成できているなら、

お金はかかりますが ヘルシアウォーター を一緒に飲むと

良いです。数日で変化を感じることはありませんが

継続すると変化を感じることでしょう。

 

まとめ

正月太りは動かないで食べるから一気に2キロ~3キロ増えてしまいます。

お正月中も散歩程度でも良いので動きまわるのが良いのですが

なかなかそうもいかないですよね。

お正月開けてお腹がぽっこりしていたら是非書いてあることを

実践してみてくださいね。

スポンサーリンク