夏は梅雨で、冬は暖房によって結露に悩まされているかたも多くいるでしょう。

特に賃貸の場合は勝手に壁に穴を開けたり、サッシを変えたりすることも出来ないので

応急的な結露対策しかできませんよね。

そこで、賃貸であっても出来る結露対策を中心に記載していこうと思います。

スポンサーリンク

冬の結露対策とは?

そもそも結露というのは、温度差によって生じるものです。

冷えた部屋にストーブなどで暖かい空気が流れれば冷たい窓が

結露するのはある意味自然の原理です。

それを防ぐために二重サッシにしたりするんですね。

ただ、賃貸ではそこまで出来ないのでやるべき対策は壁や窓の温度を

あげておくことです。

とは言いましても、ストーブなどで壁を暖めてから部屋を暖めるのは

現実的ではありません。

 

現実的に出来る対策は 厚手のカーテン を使用することで、暖かい空気が

冷たい窓に触れるのを防ぎます。

完全にするのは難しいかもしれませんが、隙間をなるべく無くします。

また、最近の賃貸物件は換気扇がお風呂やトイレ以外にも

設置されている場合もあります。

 

お風呂やトイレもそうですが、換気扇は台所の換気扇以外は

 24時間稼働 させておきましょう。

もちろん、窓を開けるなどの換気も行いましょう。

 

暖房すると乾燥しますので。

窓を開けての換気も、壁なども暖まっているので換気による

さらなる結露の心配はありません。

ただし、壁に家具やもろもろの置物をたくさん置くと、壁が暖まらなくなり

結露の原因にもなるので気をつけましょう。

スポンサーリンク

 

冬の窓の結露対策は?

冬の窓の結露対策としては、二重サッシにするのが効果的ではありますが

先に書いたように「カーテン」で、それも厚手のもので代用することも

出来ます。

カーテンをすることで、冷えきっている窓に暖かい空気が触れるのを

防ぐので結露は多少なりともしにくくなります。

 

また、ガラス(内側)に 熱伝導性の低いフィルム を貼ることでも

カーテンと同じく多少の軽減にはなります。

あとは基本的なことですが、料理などをする場合

冬場は暖めることが多いと思いますが、換気扇をまわして料理を

することですね。

 

特にお湯を沸かすなどは結露の原因になるので換気は必要です。

それ以外も、そもそも人間自体も湿度に影響しますので

完全に防ぐのは難しいのが現実です。

 

冬の結露対策で除湿機は有効?

冬の結露対策で除湿器を考えるかたもいると思いますが

そもそも冬は部屋の温度が低いのでなかなか「除湿」をして結露を

防ぐのは難しいですね。

また、冬場はそもそも乾燥します。

部屋を暖めるためにストーブを使いますから、それでさらに乾燥しますので

そこで除湿器を使うのはただでさえ痛めやすい喉にもよくありません。

 除湿器は避けて おきましょう。

 

まとめ

触れてはいませんでしたが、寒冷地域になると石油ストーブを

使うことが多いと思います。

しかし、雪国でもアパートやマンションは石油ストーブを禁止している

ところがほとんどです。

これは灯油で火事が・・・もありますが、

石油ストーブで結露が生じてマンションやアパートが傷むからなんです。

スポンサーリンク