男性の薄毛、早いと10代から髪の毛が薄くなる人もいます。

逆に10代、20代はふさふさだったのに、30代に入ってから地肌が

見えてきたり、ボリュームが無くなってしまったり、という人もいます。

ではこの薄毛、どのように対処していけば良いのかを解説していきます。

スポンサーリンク

男性の薄毛の原因とは?

男性の薄毛の原因は「これ!」といったものは解明できていません。

考えられる原因としては幾つかあります。

それは

 

・遺伝、男性ホルモン

・血行不良

・ストレス

・栄養不足

・生活習慣

 

ほかにもあげればキリがないくらいですね。

遺伝は昔から「隔世遺伝」と言われています。

もちろん人それぞれではありますが、私の父は髪の毛も硬く全く

薄毛とは縁がありません。

しかし、母方の祖父が見事に髪の毛がありませんでした。

私の兄は薄毛です。。

 

隔世遺伝においては「母方」の祖父に影響すると言われていたので

当てはまっています。

 

血行不良についてはストレスとも関連つけられます。

ストレスが続くと、食欲も無くなり栄養不足にもなります。

栄養不足になれば髪の毛にも栄養がいかなくなります。

血行不良もストレスから発生します。

このように細かい原因が結びついていて、それが薄毛への影響が

出てきたりもします。

ストレスとは別に栄養バランスを考えないダイエットは

薄毛の原因になります。

 

男性薄毛の対策は?

男性の薄毛対策としては、上にも書いたように基本的には栄養を

しっかり摂取する必要があります。

ここでお話しています 「薄毛」というのは、髪の毛の本数は変わらないけれども 髪の毛の1本1本が細くなることによって頭皮の地肌が見えてしまう 

症状のことです。

この薄毛の対策としては幾つかあります。

 

・生活リズムを適正に(22時~26時に寝ること)

スポンサーリンク

22時~26時の間は髪の毛などの成長ホルモンが分泌されるため

この時間の睡眠はとても重要です。

 

・髪の毛が生える薬

育毛剤は効果がはっきりしていません。

育毛剤を使うくらいなら、はっきりと効果を名言している

ミノキシジル配合の育毛薬を使いましょう。

日本ではリアップがありますが、海外から取り寄せることで

安く入手することもできます。

育毛剤よりも安い金額で効果が立証されているので、

育毛薬を使いましょう。

 

育毛薬は頭皮に直接塗りますが、飲み薬もあります。

「プロペシア」です。

こちらは日本においては医師の処方箋が必要ですが、

輸入すれはそれも不要です。

医師の処方とは言っても問診程度しかやらないうえに高いので

継続して購入するには海外品がおすすめです。

ただし、副作用のデメリットもありますのでそこは注意しましょう。

何も副作用が起きない人のほうが多いです。

通常は塗る育毛薬で良いですね。

 

ただし、継続が必要になってくるのでそこは理解して使いましょう。

ほかにも頭皮マッサージや、美容院での頭皮スパ、

育毛シャンプーなどもありますが、あまり期待はできません。

 

男性薄毛の治療方法は?

男性薄毛の治療方法は対策にも記載したように、

育毛が見込めるものを使うことです。

日本では皮膚科でAGA(男性型脱毛症)の診断をしてくれます。

その結果、飲み薬のプロペシアを購入できるようになります。

ほかにも、植毛やかつらという方法もあります。

 

植毛は費用もかかりますし、少しとはいえ傷をつけます。

かつらは一瞬で見た目は変わりますがその維持費は馬鹿になりません。

そして、一度つけたが最後なかなか外すことはできません。

そのサイクルに入るため、維持費がばかになりません。

これはカツラを作っている大手企業のかたから聞いた話しです。

 

まとめ

男性の多くは薄毛に悩んでいます。

「自分は大丈夫」と思っていても、年を重ねるとそうもいかなくなります。

若い時から育毛剤で良いので頭皮を清潔に保つような努力、

規則正しい生活を送りましょう。

スポンサーリンク